ヨリミチ

ブログ初心者向け,プルームテック

アマゾンで購入したプルームテック再生用リキッドを紹介

 

f:id:WalkingYorimichi:20180903060700j:plain

 

Amazonからリキッドが届いたので紹介します。

初心者なので冒険せず どれもアマゾンで人気の商品を選びました。

 

リキッドの注入の仕方はこちら

walkingyorimichi.hatenablog.com

 フレバーリキッド

 甘くておいしい!しっかり味が出ています。

特にりんごが好きというわけではないのですが、メンソールだけだとちょっと味的に物足りないかと思って、人気のこちらを購入。

アマゾンレビューにもあるようにKAMIKAZE アップルアタックより甘味がより強い感じです。メンソールに関しては僅かにあるかなぐらいです。

 

電子タバコ KAMIKAZE スーパーハードメンソール 15ml

電子タバコ KAMIKAZE スーパーハードメンソール 15ml

 

僕は紙巻きたばこではメンソールはほとんど吸わないんですけど、

プルームテックは ニコチンが少ないのでキック感がほしくて購入。

なかなかのメンソール感です。でもマルボロブラックメンソールほどではありません。

マルボロ緑のメンソールぐらいか、それより弱いWinstonのイナズマメンソールぐらいかな。くせもなくすっきりした味わいなので、普段メンソールを吸わない僕でも普通に吸えました。

 

電子タバコ KAMIKAZE アップルアタック 15ml

電子タバコ KAMIKAZE アップルアタック 15ml

 

 甘いもの好きの僕はこちらも購入。これはアマゾンじゃなくてドンキで購入しました。しかし期待してたよりは甘さが弱いかな。

アマゾンレビューにもドンキのよりアマゾンの方が甘いという口コミもあったので品質の違いがある?のかも

 BI-SOのグリーンアップルメンソールの方が甘く感じました。

 

ベースリキッド

VGが少ないと煙が少なくなります。

VGが多くなると粘度が上がりトロトロ、甘みも増え、爆煙傾向になります。

VG40:PG60

プルームテックの純正リキッドに一番近い割合。

粘度が低く、ツルツルっと注入できます。

VG50:PG50

初心者にオススメの割合。

プルームテック純正リキッドや紙巻たばこよりミストが多い。

VG60:PG40

上級者向け

粘度が高くなりトロトロ。

ミストがより多くなり爆煙傾向に。

公共の場の喫煙室で吸っていると、少し注目されるかもしれません(笑)

別途フレバーリキッドを購入して混ぜ合わすことで、薄めたり調整できます。

VG80:PG20

自宅で爆煙を満喫したい方はこちら。

公共の場で使用すると、かなり注目されます(笑)

あぶない人に思われてもいいのなら、止めません。

ただし、プルームテックカートリッジで使用すると粘度が高すぎて、故障の原因になりますので、別途アトマイザーを購入することをお勧めします。

 

 色々調べていると、衛生的にも吸いやすさでも マウスピースがある方がいいとのことでこちらを購入。ゴム製で柔らかく、歯にあたっても痛くありません。プルームテックを吸ってみてわかったのですが、口を付けたところが結構汚れてくるんですよね。

これなら汚れても、洗って使えるし、なんと20個入りで約600円ですから、当分これでいけるでしょう。

吸いやすさに関しては、マウスピースなしより弱い力でいっぱい吸えます。

 

あったら便利なアイテム

  プルームテックを使われている方は気づいたと思いますが、カートリッジ部分の形状が違うのはこれをつけているからでした。

たばこカプセルのニコチンはあって無いようなものだから、それに460円出すのは勿体ない。それならリキッドだけで香りを楽しむでいいじゃないかってことで購入。

もちろん、これにたばこカプセルを付けて吸うこともできます。

 

吸ってみた感じは、純正のカートリッジより吸うときの抵抗がなくスムーズに吸えます。味に関してもこちらで吸った方が濃いですね。

こちらを購入した理由はアマゾンで人気だからというのもありますし、ガラスの部分が樹脂でできているとメンソールや柑橘系のリキッドだと割れるそうです。こちらの商品はガラスタイプで漏れにくいそうなので購入しました。

1か月ぐらい使っていますが、今のとこ漏れることはないですね。

目盛りもついているのでどれぐらい入れたか、減ったかがわかるのもよいです。

純正のカートリッジだと、どれだけ入れたかわかりにくいですからね。

 

 

 リキッドの注入にはこちらがおすすめです。

※フタだけ6個みたいに見えますが、ちゃんとボトルも6個入っています。

おすすめの理由1

リキッドのボトルも先細でそのまま入れられなくもないですが、ボトルが固めなので一滴入れるのも大変だと思います。押しすぎると入れすぎてしまう。

これはボトルが柔らかいので、弱い力で「ちゅーーっ」っと入れることができます。

しかも先端が針のように細いので狙ったところに的確に入れられます。

リキッドをこのボトルに詰め替えるときが多少手間なぐらいですね。

おすすめの理由2

好きなリキッドの味を作れるところです。

メンソールとアップルを混ぜたり、ラズベリーを混ぜたり、好きに調合できます。

 おすすめの理由3

これと同じようなもので安いものはあるんだけど、詰まったり漏れたりすることがあります。ぼくはこれを使い続けていますが、今のとこそういうことはありません。

サイズはどれがいい?

僕は10mlサイズにしました。これでも2mlでタバコ一箱分なので5箱分は吸えます。

最初は失敗するかもしれないし、 味に飽きるかもしれないのでこの10mlサイズでいいと思います。慣れている人なら30mlサイズでいいと思います。

 

 

リキッドを試してみたまとめ

純正のたばこカプセルだと種類が限られているし、好みの味にするのは難しいです。

しかし、リキッドなら味の種類も豊富で好きなだけ混ぜ合わせて楽しめます。

それにいくら吸ってもなかなか減りません。これは驚きです。

15mlなんてすぐなくなると思っていたのですが、1週間吸っていても5分の1ぐらいしか減っていませんでした。これは経済的ですね。

2mlでタバコ1箱分吸えるので、15mlだとタバコ約7箱分吸えます。

 

実際はおいしすぎて吸い続けてしまうので、もっと減りが早いかもしれませんが、それでも安いものですね。

 

まだ紙巻タバコと併用はしていますが、普通のタバコが臭く感じてきました。これを吸っていると禁煙できそうな気がします。